ライブ遠征の宿泊先に便利!私がオススメする東横インの会員特典

こんにちは。nishikoです。

私はライブ遠征の時の宿泊に必ずと言っていいほど東横インを利用しています。

でも、なぜ東横インなの?もっと安いホテルもあるんじゃないの?と思われる方もいるかもしれませんね。

今回は、私がライブ遠征で東横インを利用する理由7つと、会員になってでも利用する価値がある特典3つをご紹介します。

東横インは店舗数が多い

東横インは店舗数が多く現在292店舗 (2019年4月現在)あるそうです。

大概の地域に東横インはあります。

だから、例えば、東名阪ツアー、名古屋、梅田、新宿、こんな感じでライブ遠征に行く場合、どこ泊まろうかな?って悩んだり、探したりする必要がないんです。この地域に東横インあるかな?って調べれば都会だとほぼどの地域にもあります。

注)
残念ながら、2019年4月現在、高知県にはまだ東横インがないようです。5年前くらいに高知にライブ遠征で行った時にもないなあと思ったけど、現在もまだないようです(^^;)なぜないのか不思議。高知にもできてほしいですね。

(ちなみに高知に行った際の東横インの代替に泊まってるホテルもかなりオススメなのでまたご紹介します)

東横インは駅から徒歩圏内でアクセス抜群

東横インはアクセスが抜群です。

ライブやコンサート、スポーツ観戦などで遠征する場合は公共交通機関を使う方がほとんどだと思います。荷物も多いので駅から少しでも近い方がいいですよね。

東横インはJRから、市内電車の駅から、地下鉄の駅から、どんな駅からも徒歩1分から10分以内というところがほとんどです。

たまに15分20分というところもありますが、そういうところは無料のシャトルバスも出ていて、その時間に合えばホテルまで送迎してもらえます。

夜は17時以降から22時くらいまで、朝は8時から10時くらいまで出ていますね。ただ、夜はライブの時間とかぶってるので、私はあまり利用することはありません。自力で早い時間に行って、荷物を預けることが多いかな。

東横インは荷物も預かってもらえます

まあこれはどこのホテルも同じだと思うので特筆しなくてもいいかもですが、いちお紹介しておきます。

もちろんチェックイン前の時間帯、例えば朝早く着いても、荷物を預かってもらえます。

そしてほとんどの東横インで、荷物を預けた時にチェックインの手続きと料金を支払う形なので、ホテルに戻った時は、預かってもらっていた荷物を受け取ってすぐ部屋に入ることができます。

さらに荷物は、翌日チェックアウトした日にも預かってもらえます。その日帰りの新幹線や飛行機、バスの時間まで時間があるので、ぶらぶらしたいなっていう時は預けておくとロッカー代が浮きますね。

東横インは駅近なので、ホテルに荷物を取りに戻るのもそこまで手間ではありません。

東横インは料金がリーズナブル!十分な部屋の広さと内装

東横インは宿泊料金も比較的リーズナブルでよいと思います。

東京の都心や大阪の中心部でも、たとえ高くても7千円台で泊まれるし、地方だと5千円台で宿泊可能!

私はネットカフェやカプセルホテル、宿泊可能なスパ、などにも泊まってましたが、やはりフカフカのベッドと個室の安心感、思い立ったらすぐにお風呂に入ったり、トイレが共同ではないなど、やっぱりホテルはいいなあーって思いますね。翌日の疲れが全然違います!

部屋の広さとか内装も、ビジネスホテルとしては十分ではないでしょうか。

あと、防音もちゃんとしているなあと思いますね。東横インには何度も泊まってきましたが、隣の音が響いてきたことはほぼありません。まあ外で歩いてる音とか外で話してる人の声くらいは聞こえますがその程度で、隣の部屋の音は聞こえません。

もし隣の音が筒抜けでストレス感じるようなことがあったらここまで何度も利用していないかもしれませんね・・・

東横インの無料の朝食が何気に嬉しい

東横インには無料の朝食がついています。朝食は食べないって人にはあまり関係ないかもしれませんが笑 朝食食べる派の私にはありがたいし、ひそかに楽しみにしています笑

朝早く出ないといけない時をのぞいてはほぼ朝食は東横インの無料朝食を利用しています。

クオリティーはそのホテルによって差がありますが、大体パン、おむすび、さらだ、ウインナー、味噌汁、あとおかずが数点、くらいはついてますね。セルフのバイキングスタイルです。

難点は、朝食がロビーで食べるということ。時間帯によってはお客さんがかぶってしまって大混雑していることも苦笑 ただ、朝食を食べた人は部屋に戻るので席に座れないということはほぼありません。まあこのあたりは無料なので、仕方ありませんね。

東横インの会員カードについて

東横インの会員には3種類あります。

VISAカードはクレジットカードなので年会費がかかりますが、その分東横インから年会費分の商品券が送られてきます。その商品券は東横インの宿泊の際利用することができるため実質「無料」と言えます。

*東横インVISAカード

男性向け。10泊宿泊で1回の宿泊が無料となります。

*東横インレディースVISAカード

女性向け。私はこちらの会員になっています。

東横インレディースVISAカードに限り、5回宿泊をすれば1回無料!かなりお得感あります。

*東横インクラブカード

誰でも入会可能。

クレジットカード作るのはやっぱいやだなーと思われる方には、東横インクラブカードだと普通のポイントカードなので抵抗なく作れるかと思います。

ただ、こちらだと女性も宿泊10回で1回宿泊が無料になるので、よく宿泊をするという方ならレディースカードのがやっぱりオススメですね。

個人的にオススメしたい東横イン会員限定の特典3つ

私は東横インの有料会員になっています。

ここでは、東横インの会員限定の便利でお得な特典を3つ紹介します。これが私が東横インを使い続ける所以ですね。

東横イン会員は10泊 or 5泊で1泊分の宿泊が無料

東横イン会員は、10泊、もしくは5泊宿泊すれば、次回の宿泊1泊分無料で泊まれます。

宿泊した際、会員カードを出しポイントをつけてもらう形になっています。

東横INNクラブVISAカードと、クレジット機能のない会員カードだと10泊(10ポイント)、女性向けの東横INNクラブレディースVISAカードだと5泊(5ポイント)で1泊無料になります!

東横INNクラブレディースVISAカードに限り、5泊宿泊で1泊無料になるので、女性のみなさんはこちらをおススメします。私もレディースカードの方の会員になっています。

東横イン会員はアーリーチェックインで15時に部屋に入ることが可能

通常東横インは16:00以降でないと部屋に入ることができませんが、会員に限り、15時以降に入ることができます。

これが地味に便利!

私はライブに行く前にホテルに戻って休んだり、荷物を置きに行ったり、逆に取りに行ったり、日によっては着替えてからライブに行くこともあります。

もっと若かった頃、お金に余裕がなくてネットカフェに泊まっていましたが、その頃は重い荷物を持ち歩いたり、ロッカーを探し回ったり、ロッカーを開けてまた預けたり、化粧したい、着替えたいのに場所がなくて困ったり苦笑

思えばいろいろ苦労しましたが、ホテルだとこれがすべて解消されるのでほんと快適ですね。

東横インは平日5%OFF、日・祝20%OFF

東横インの会員だと、平日は通常料金から5%OFF、日曜祝日は20%OFFです。

ビジネスホテルので、日曜と祝日が安いんですよね。

ライブ遠征って土日を使って行くことが多いですよね。なので、必然的に土曜日に泊まることが多く、日曜祝日20%OFFのあまり恩恵を受けることが少ないですが、たまに日曜や祝日に泊まることもあり、20%OFFになるとけっこう安くなって嬉しかったりしますね笑

東横イン会員は名前だけでチェックイン可能

通常、ホテルにチェックインする時は住所や名前を書かないといけませんよね。疲れてホテルに戻ってきた時地味にめんどくさいと思う時もあります。

東横イン会員なら、チェックインの際、名前を書くだけでOK!こちらも便利です。

まとめ

ホテルに7千円なんて高い!もっと安い方がいい!という方にはもっと安いところがあるのであまりオススメできませんが、ライブ遠征で5千円から7千円台あたりのビジネスホテルを探している方にはかなりおすすめですよ。

>>>東横イン公式サイトをチェック